今年最初のカイン・パンジャン



昨年テーブルクロスを製作されたお客様が再び製作に訪れてくださいました。


昨年の作品はこちら。



 

 

お客様Cさんはバティック製作の経験が豊富にある方です。

 

マイ・チャンティン持参でこれだけのロウ書きを5日間でこなしました。

 

長期間製作をお休みしていて久しぶりの製作とのことでした。


(ちなみにタイル1枚の大きさが30センチ角です)

 

 

 

今回はお部屋の間仕切りにするさらに大きなサイズの布がご希望で、現在工房で製作できる一番大きなサイズ、1m×2mのコットンで始めました。

 

デザインは工房にサンプルとして置いてあるチレボンのサルンから写し取り、1回のロウ付けで終われるようにアレンジしました。

 

下書きからロウ書きまではCさんがお泊りのご近所のお宿、プラサンティさんにてご自分で製作。

 

その後染色の段階になってからSARIYAでの製作を始めました。

 

約3日間かけて色付けをした成果はこちら。

 

 

 

 

当初はテーブルクロスと色を合わせたいとお話されていましたが、現在のCさんの心情が表現されたのでしょうか・・・なんともmanis(かわいい)な色使い。

 

縁に使った明るい紺色が甘さを引き締めてくれています。

 

この後一晩かけて布をよく乾かし、翌朝、1時間半ほどかけて色の定着・ロウ落としをして完成しました。

 

少女のように愛らしいカイン・パンジャン。

 

お部屋がぱっと明るくなりそうですね!

 

サルンとして身につけられてもとてもお似合いになると思いました。


(段階を追った色付けの画像をこちらで見ることができます)

 

 




バリ島検索のバリケン
バリ島検索のバリケン