メガ・ムンドゥン文様

私がバティックのモチーフの中で好きなものの一つにメガ・ムンドゥン文様があります。

 

これは昔々、今で言う中国の辺りからアジア各地に広まったとされる雲文様がジャワ島のチレボンで独特の発展を遂げ雨雲文様となったもの。

服飾品からインテリア製品までよく目にする柄です。

近所の市場で売られているバティックにもこの文様のものがよくあります。

ほとんどがプリントですが…

そしてこの文様がもともとジャワ・チレボンから伝わっている、と知るバリ人もほとんどいないと思われます。

 

とてもドラマチックで動きのある文様です。

好き嫌いも多いと思うんですけど。

 

つい最近、一枚メガ模様のサロンをロウ付けしてみました。

ごくごく普通のタイプのこういうの。

私のはまだ色付けは終わっていないんですが。

 

 

現在は男女問わず身に着けられる柄ですが女性向けの色合いのものが多く感じます。

 

で、ちょっとバティック関連の本を見ていたら今のメガの原型だったと思われるもっとあっさりした原始的な感じのがあってちょっと作ってみたくなりました。

 

ロウが古かったのにあと少しだからとそのまま使ったら着色で色漏れ…

やっぱりケチ心はだめですねー。

 

着色が終わった頃から夫がしつこいくらい「自分用にしていい?」と聞いてくる。

私が着こなせる色柄じゃないからいいよ、と答えたのですが、いつか作ってあげたウダンみたいに作ってあげたのに一回も使っていただけない、ということもあるのでそんなものだろうと思っていたのですが…ロウを落とした翌日から着てました。

これは好みだったっていうこと?

 

 

市場などで見るもの以外にもたくさんのバリエーションがあります。

雲文様は現代的なのでTシャツなどにロウづけしても面白いものができそうです。

自分で作るとなるとサロンの下半分だけにメガ模様を入れてみる、などいろいろできておもしろいと思います。

バリ島検索のバリケン
バリ島検索のバリケン