久しぶりにサロン製作

 
自作のバティックを販売してますか、とお客様からよく尋ねられるのですが、今までずっと自分の家族が使うためのものばかり作っていたので販売用のものはありませんでした。

(ジャワ島でセレクトした厳選バティックはいつでも販売しています。もちろん見ていただくだけでも結構ですのでご遠慮なく。バティックを詳しく知りたい方にはセレクト品を使って産地や文様の説明をしたりしています。気に入ったものがあればお値段聞いて下さいませ。)

そろそろ販売用のものも作ってみようかなぁと思い、まずハンカチーフを作ってみました。

 

 

バティックのハンカチーフの需要があるかどうかは疑問ですが試作としてはちょうど良い大きさ。
これが案外柔らかくいい感じにできたので頑張って同じ柄でサロンにしようかと思い立って布探し。

ハンカチーフ用には薄めのガーゼみたいな生地を使ったのだけど、サロンとなるとやっぱり目がしっかり詰まった上等な綿生地(プリミシマと呼ばれています)でないと細かいロウ付けで苦労する意味がないじゃないですか。

いつも買っている裏通りの小さい規模の布生地屋さん、ここのバティック用の生地はちょっと薄い。
何と比べて薄いかと言うと、ジャワでセレクトした上等な手書きバティックの生地より薄いのです。
(ビギナーには厚すぎず薄すぎずでちょうど良いと思っています。)
この上等なジャワバティックの生地が私のプリミシマ基準。

なのでウブドでもたぶん1番大きい規模の布生地屋さんに行ってみました。
入口にはカラフルなプリント生地がロールで山のように置いてある。
生地の豊富さに圧倒されます。
対応してくれた女性店員さんは話している間ずっとおせんべいを食べながら対応してくれる。
白い生地が置いてある奥に入ると生地の山の合間で他の店員さんがお食事中。
布に食べ物が付かないか心配になる。あまり手を洗ったりしないだろうから付くでしょう。
汚れるじゃないですか。
こういう風景はスーパーの衣料品売り場でもよく見るんです。
下着のワゴンの中に食べかけのミカンがおいてあったり。
置いてるのは値札を付けている店員さん。
ミカンを食べながら仕事。汁飛びますよ。
いつまでたってもなくならない、バリ人に世代を超えて受け継がれる習慣。
学校で教育して変えられないのかな?
ついでにゴミの分別と片付けも教えてあげてほしいです。

せんべいをもぐもぐしながらプリミシマの生地を出してくれる。
お値段はいつもの小さい店より安かったので買いました。
でも家に帰ってよく見たら薄かった。
プリミシマではない…。

プリントのペラペラの安物バティックにバティック・トゥリス・プリミシマ(プリミシマ生地の手描きバティック)とラベルを貼った商品が出回る国ですから、商品を見てプリミシマかどうかは自分で判断するしかないんです。
あの店の中では良く見えたんだけど。

やっぱりいつもの店がいいかと思って元の店に戻りました。
いつも買うバティック用の生地より上質なのを持って来てと言って出された生地。目がしっかり詰まっていたのでサロン分の2メーター半買いましたよ。
薄暗い店内から外へ出て、立ち寄ったコンビニの前の青空スペースで袋から出してみると、白い布に黒い点々が…。
最初は土ぼこりかと思いました。
その店は布が床置きだけどお客は土足で入って行くから、あり得る。
はたいたけど落ちません。
次にカビだと思い布を薬品で煮たりいろいろやってみました。
落ちなかった。
良くみると点々はグレーがかっていたり黄色い繊維状のゴミみたいなのが織り目にまで入っていたり。
未晒しなのかなぁ。でも生地は白いし。

疲れるからほどほどであきらめ、これは背景が暗い色のバティックにすれば良いと思いスケッチしてロウ付けをはじめたら、布の硬さにびっくり。
チャンティンが引っかかる。
辛すぎて途方に暮れました。
たぶん生地としては2流品。
バティック用ではなさそう。
最後までロウ付けしたんですが、意欲が薄れてしまい…ここからの仕事は夫に任せました。

夫も硬くてやりにくいとボヤいていました。
色について細かい指示もせず夫に任せたのですが、信用していたのに結果、中途半端な浴衣みたいな感じになってしまいました。
夫はハワイのイメージだったんだとか?
そもそもこのスケッチは和更紗のイメージから書いたものだったのでやっぱりそのまま色も指示すればよかった。
花の色使いは夫の以前の職場、デウィ・バリでよくオーダーがあったヨガ・モチーフの色そのまんま。
この人はオーダーで色を付ける仕事をしていたから技術やスピードはあるけど自分で色の組み合わせを考えるセンスはないなぁ…
たまには好きなようにさせてもいいかと思ったのだけど、今しばらくは色は私が決めようと誓ったのでした。

そして、ウブドで上等な白生地を探すのが簡単ではない、と改めて知らされた。
…でも引き続き探しますよ。
バリ島検索のバリケン
バリ島検索のバリケン