2017年

7月

29日

オリジナル・バティックトート作ってみませんか?

 

1日で終わる、ハンカチーフ・手ぬぐいサイズのバティック1日体験は当工房で1番人気のある体験プランです。

 

まれにですが、作りたいものが先にあって、何日かかけてそれを作る方がいます。

 

それとは逆にバティックが数時間でできると思ってお問い合わせを下さって、数時間ではできないとわかると、やめてしまう方もいます。

 

旅の記念に、というのがいろいろなパターンがあると思うんですが、数時間のレベルでは、あらかじめロウ付けも終わった布にせいぜい自分の好きな色を塗る、という塗り絵の工程ぐらいではないでしょうか。

 

1日あれば好きなデザインを選んだり。自分の図柄を描くことができます。

 

一番時間がかかるのが、総じて言えばロウを付ける工程です。

チャンティンという面白い道具を使います。

でもこれがなかなか初めての方には難しく、大きさにもよりますが、手ぬぐい・ハンカチの大きさでは少なくとも練習も含めて2時間以上はかかってきます。

 

ゲストさんによっては、色付けに時間がかかったり、下書きに時間がかかったりもします。

長くても5~6時間ほどの時間の中で、ひとつの作品を完成させるのはなかなか大変なことなのです。

 

このハンカチ・手ぬぐいサイズも既に数年間続けてきました。

最近自分が作ってみて面白いな、と思ったのはバティックのトートバック。

自分の描いた作品がトートバックになるのは、結構面白いなと思いました。

 

そこで宿泊しながらのオリジナル・バティック・トートバック制作でどのようなスケジュールになるのか考えてみました。

制作の間にうちの宿に宿泊して下さることがまず条件に入ります。

(安宿です。ホテルでもリゾートでもございません)

 

1日目 午後到着、チェック・イン。フリータイム。時間のある方はデザイン考案。

2日目 1日ロウケツ染め制作。裏布もいっしょに染めます。

3日目 半日ロウケツ染め続き。染色終了後乾燥させるのでフリータイム。

4日目 朝、脱ロウ・仕上げ。布が乾いたら型紙をあてて裁断。その後フリータイム。

5日目 フリータイム。(縫製します)

6日目 お渡し、チェック・アウト

 

宿泊費5泊(ウブドまで1日1往復の送迎付)125万ルピア

オリジナル・バティック・トートバック制作費 65万ルピア(布代・縫製費用込み)

合計190万ルピア

 

 

2017年

3月

15日

イラスト風?コミック風?バティック

 

久しぶりの更新です。

普通のブログはipadでらくらく更新できるのですが、こちらのブログはパソコンを開かないと書けないので、USBモデムで動かしているスピードの遅ーいパソコンを開く気にはなかなかなりません。

 

しかも更新しようとするともうチャージが切れていたり。

どんどん進化しているウブドでうちのパソコンだけは○年前から進歩がないです^^;

WI-FIをひろえたら速くなるのかな??

 

 

ホームステイ業が始まってから、もう2年が経とうとしていますが、未だにお手伝いを雇えないので、業務はどんどん増えるばかりです。

 

そのため自分のバティック作品は稀にしか完成しないし、ワークショップのお客様もスケジュールが合わずお断りしなければならない事も時々起こるようになりました。

 

まだ今しばらくは、このままの現状を続けるしかないので、確実にご予約していただくには、予め旅行計画の際に問い合わせていただくことをお勧めします。

 

直前、またはバリに到着後のご予約ではなかなか予定が合わないこともございます。

ご予約は事前に、お願いいたします。

 

 

さて、バティック・ワークショップはほとんど日本人のお客様限定なんですが、面白いなぁと思うのは、日本人に特化しているのか?コミック風のバティックを作る方が時々います。

インドネシア・バティックにはちょっとない雰囲気なんですよね、それが。

 

そして私自身も日本人ですが、このようなアイデアはほとんど湧きません。

頭がかたいんですかね^^;  それぞれとてもかわいらしい作品ばかりです。

 

 

 

サルンに描かれる遊び心のあるイラスト風のモチーフはチレボンの安価なバティックによく見られますが、やっぱり何かが違います。

 

日本人の心が現れている?

 

こんなイラストを入れたサルンなど作ってみても面白いかもしれませんね!!

 

 

2016年

9月

27日

Nさん、3回目の制作

ほぼ毎年のようにバティック制作に来て下さる、バリ島旅行のリピーターNさん。

 

本年も来て下さいました。

 

Nさんは日本でもバティックの教室に通っていて、制作はもう慣れたもの。練習も要りません。

 

その分時間配分は絵柄のデザインと色付けの方にたっぷりの時間を配分して、昨年のプラサンティさんの愛犬シロのモチーフに続き、バリらしいNさんテイストの作品となりました。

 

制作時間はたっぷり2日間。3日目の朝、ロウを落としました。

 

バリが好き、インドネシアの文化が好きというNさん、今後の飛躍に期待します!!

 

 

0 コメント

2016年

8月

27日

たくさんの蓮の花

 

今年の6~8月にかけて、びっくりするほど多かった蓮の花をモチーフとしたバティック体験。

2回連続で1日体験をして2回ともに蓮の花モチーフというお客様が2名いました。

 

昨年まではほとんど触ることもなかったデザインなんですが、たまたま出番が回ってきただけなんでしょうか?

 

同じデザインを使用しても作る方によって全く違う作品になるので面白かったです。

 

蓮の花に対する思いも人それぞれ。

 

たくさんのバティックの蓮の花が咲きました。

 

 

0 コメント

2015年

12月

07日

雨季になりました


バリ島観光の閑散期と言われる10~11月。


どうしてなんだろう?と思っていたのですが・・・

暑い、暑いんですよこの時期は。

特に11月。今年の11月は後半、厳しい暑さでした。



夜になると涼しいはずのウブド。

熱帯だけど熱帯夜はない!と思っていたウブドでしたが今年はありました。

しかも長かった・・。


そんな暑い季節の変わり目も過ぎ、ウブドは先週辺りから本格的な雨季に入りました。


ちょっと前までは着ているのを想像するのも嫌だった長袖トレーナーも、また早朝必要になってきました。


そんな閑散期、とはいえホームステイのお客様もいましたのでそれほど暇ではなかったのですが、この時期仕上げなきゃどうする!!と思っていた、もう1年近くロウ付けしていたサルンをやっと仕上げました。




今年は新たに夫が始めた宿業のお手伝いが増えたので、昨年みたいに空いた時間をバティック製作していたら子供たちはほったらかし状態になることが簡単に想像できました。

なので子供たちのケアを怠らない範囲で製作していたら、この1枚だけになったということです。^^;

 

工房の3階に作っている新しい客室も屋根と壁ができてだいぶ形になってきました。

2月頃には完成するかな!?

(当初は10月完成予定だったので、既に2カ月過ぎてます。汗)

 

3階の部屋から見た雨季独特の赤く焼けたような夕焼け。

携帯のカメラで撮ると赤みが薄れてしまうので実際はもっと燃えています。

反対方向には村の風景の向こう側にアグン山が見えることも!



0 コメント
バリ島検索のバリケン
バリ島検索のバリケン